restart : 2006.10.30
Don't Believe Anything I Say.
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スコーン。
2007年 05月 29日 (火) 08:36 | 編集
日曜日は、久しぶりに手作りスコーンを家族で作った。
(僕は、ほとんど見てただけ(笑)。)




スポンサーサイト
梅雨対策。
2007年 05月 28日 (月) 08:34 | 編集
土曜日、梅雨はまだなんだけど、そろそろ準備をと思ってレインシューズをAIGLEまで調達に。

ネットでも買えるみたいなんだけど、やっぱり靴とかは直接サイズを合わせてみないと分かんないし。

僕の場合は、AIGLEのサイドゴアブーツ型の「CHANTILLY」を通勤用に持ってるので今回はパス。

今回、娘は「LOLLY FRUIT」のさくらんぼ柄をチョイス。



相方は「CHANTEBELL」を。


順番からいくと、次は僕用に買える・・・はず(笑)。



「Fuller'07-'08秋冬予約会」には行けませんでした。
Fullerさん、ごめんなさい。
Fashion | - | - |
Fuller'07-'08秋冬予約会。
2007年 05月 25日 (金) 08:38 | 編集
Fullerさんからブログでも書かれている秋冬予約会の案内が。



5/25(金).26(土)

open 13:00~19:00

at .Fuller SHOP


とのこと。

時間があれば行きたいけど、行ったら欲しいものが増えてしまうだろうしなぁ・・・(笑)。
Fashion | - | - |
ケータイのデザイン。
2007年 05月 16日 (水) 00:09 | 編集
MEDIA SKINを手に入れようと他のモデルや他社のモデルも含めて、春モデルのケータイの機能やらデザインやらをいろいろと下調べしている時に感じたことを、つらつらと。


まぁ機能面については人それぞれ、ケータイでしたいこと・・・音楽を聴きたいとか、カメラの性能が・・・とか、おサイフケータイとして使いたいので・・・とかが違うと思うので、割愛。

で、僕の場合は個人的な好みなんだけど、過去に気に入って使ってきたケータイは、初期のジョグダイアルが搭載されたソニー製のものも含めて、INFOBAR / Talby / MEDIA SKIN(フリップ付だけど)・・・とストレートタイプが多くって。
どうも自分はストレートタイプが好きなようだ。



機能的には素人の自分でも二つ折りタイプの方が日々大型化する画面とボタンの操作性が両立できるんだろうなとは思うし、実際、MEDIA SKINの前に使ってた機種やINFOBARの前に使ってた機種は二つ折りタイプだったこともあるんだけど。

で、二つ折りタイプの何が好きじゃないかって、ヒンジの部分のデザイン!
本体のデザインが優れていても、どうもヒンジの部分のデザイン処理が破綻しているというか馴染んでいないというのが多すぎ。
まぁ、デザイン処理的に難しい部分なんだろうけど、機能を優先させたり薄くしようとすると妥協せざるをえないのかなぁ。

→参考:
最新の904iシリーズでいうとこういうヒンジ部のデザインが大嫌いで・・・。
必要以上に存在感があったり、ラインがそこで途切れてしまってたり・・・。
機種が古いけど極端な例としては、こんな感じのは問題外ってくらい受け付けなくって。


その点、neonなんかはヒンジの処理がデザインに対して違和感が出来るだけないように腐心したところもあって、ヒンジだけが浮いてる感じがしないんで、割と好みのデザインだった。

参考:neonのヒンジ(ITmedia +Dより)



多分、NECのN701iもneonとデザインコンセプト自体は似た(上下2つのブロックから成るという)発想からスタートしたんだと思うんだけど、本体デザインの角に曲線を持ってきたために、ヒンジの部分のみストレートラインがハミ出てしまっていて、ヒンジの存在感が目立ってしまっている気がする。



まぁ、開いた時の中身のデザインも貧弱なんだけど。
(「なんだ中身は普通じゃん!」・・・みたいな。)


実際には、ストレートタイプってヒンジもなくすっきりシンプルなデザインになりやすいと思いがちだけど、画面まわりやキーのデザインがそのまま見た目や使い勝手に直結するので、トータルのデザインとしては難しいのかもしんない。
初期のストレートタイプの端末って、そんなにデザインが良かった記憶もないし、小さい液晶画面の下にごちゃごちゃとボタンが並んでるだけってのも多かったし。
二つ折りタイプだと、背面や底になる部分にデザインする余白があることになるけど、ストレートタイプは内側に余計なボタンなどを隠すことができないから。


あと、ストレートタイプが好きなのは、やっぱり単純な理由なんだけど、ケータイと聞いてみんなが発想する基本の形・・・に忠実っていうのが、やっぱりシンプルでいいなぁと。

例えば、記号やアイコンとしてケータイを描くと、たいていはこんな形・・・

・・・になるよね?
そういうシンプルさが好きなのかもしんない。


モバイルスイカのペンギンが持ってるケータイもこういう形だし(笑)。


そう考えるとINFOBARっていうのは、究極のシンプルな形で、しかもボタンは大きく押しやすくって、そのボタン自体も色の工夫によってデザインの一つにしちゃってる(特にNISHIKIGOIとICHIMATSU)ってところが素晴らしいと思う。

子供でも落書きできそうなくらい簡単なラインで構成されてるのに、それがちゃんとデザインとして昇華されてるって意味で。

TalbyもMEDIA SKINも同じ延長にあると思うし、だから自分はこういう系統のデザインのケータイが好きなのかも。


でも、コンセプトモデルで発表されたINFOBAR2は、あの曲面で構成されたデザインが、少し違和感あったりするんだけどね(笑)。



INFOBARは丸くなって欲しくなかったなぁっていうのが個人的に正直な感想。
別に曲線を使ったデザインが嫌いな訳じゃないんだけど・・・。
でも、実物を見たらすぐに意見が変わって気に入っちゃうかもしんない(笑)。


ケータイじゃないけど、見た目のシンプルさと、同じくシンプルな使い心地が上手く噛み合ってる代表例は、AppleのiPodだと思う。

iPodも先に書いたように子供でも描けるシンプルなデザイン・・・

・・・こんな感じ?だけど、この丸いタッチホイールが直感的に曲を選択する方法としてマッチしてるし、これ以上ないってくらいシンプルさに徹してると思う。

ハードとしての見た目のデザインとソフトとしての使い勝手の良さは、もうすぐ欧米で発売されるiPhoneにも反映されてるし。
でも、ま、売れるか売れないかは別だろうな(笑)。
今までのようにApple 1社でコントロールできる業界じゃないからなぁ、通信業界は・・・。


あと、これからはデザインだけでなく、ますますカラーってのが重要になってくると思う。
そういう点で、SoftBankPANTONEケータイは着眼点はすごくいいと思う・・・というか出てくるのが遅かったくらい。

多分、今までもアイデアとしては既に何度も出てきてたんだと思うけど・・・在庫管理どうすんの?とか生産ロットどうすんの?とか、製品化するまでのいろんな事情があってなかなか実現しなかったんだろうなぁ・・・。
けど、消費者的にはカラーバリエーションは選択の幅が広がるってことに直結するし、リスクも負いながらあえて製品化したっていう意味で、画期的ではあったと思う。(ベースモデル自体のデザインが良い悪いは別として。)

でも、こういうカラーバリエーションっていうのも元々はApple / iMacの5色展開がデジタル家電での最初の例だし、今もiPod miniiPod nano/shuffleでも同じような展開をしてるんだけど、そう考えると、こういう分野ではやっぱりAppleは先鞭を付けるのが早いし影響力も大きいと思う。

そういうのもあって、例えば「Business Week」誌の「The World's Most Innovative Companies(世界で最も革新的な企業)」にAppleが選ばれたりするんだろうなぁ。

ちなみに、28位(去年は15位)にプロダクトデザインを手がけるIDEOが選ばれてたり、同じく28位(去年は19位)にデザインと機能性に優れたホームファニッシングを手がけるIKEA(日本のサイトはこっち)が選ばれてたり。

一通りの機能性が行き着いちゃうと、次の差別性は色や形になってデザインのウェイトがますます重要になってくるんだろうな。


長文の最後に、現au design projectの外部デザイン・ディレクターであるwatar design scopeの坂井直樹氏のケータイ・デザインに特化したブログがあるので、紹介。
→「デザインのたくらみ(ケータイ編)



続く・・・かもしんない(笑)。
MEDIA SKIN 。
2007年 05月 15日 (火) 08:00 | 編集
やっと、携帯電話を変えることができた。
au disign project 第6段モデルの「MEDIA SKIN」。



イメージカラーのオレンジは相方が選択したので、自分のはブラックに。
相方がオレンジ以外・・・ホワイトとかを選択したら自分はオレンジにしようと思ってたんだけど。

今までずっとauの機種を使い続けていたんだけどパケット代などの通信費が負担になってきたので、一つ前の機種からパケット代が定額にできるWINっていうシリーズに変えて。
その時はWINのシリーズに好きなデザインの機種がなくて、でも背に腹は代えられないから仕方なく我慢して使ってた。

au design projectからは、一応WIN端末としてneonが出てたんだけど、自分が使いたいと思っていたフルブラウザ機能(auではPCサイトビューワーという)が付いてなかったので断念。

MEDIA SKINは・・・(個人的には全然必要はないけど(笑))ワンセグ機能やFeliCa機能も含めて・・・最新の機能を妥協することなく一通り搭載しつつ、ほぼコンセプトモデルそのまんまのデザインで出てきたんで乗り換えることに。

過去に使ってたau design project端末・・・INFOBARの場合は、出た当時は画期的ではあったんだけど、コンセプトモデルから製品化される時に当時の技術力では実現できなかったことなどが妥協というか、まぁ仕方ないんだろうけど、実現できていないところがあったので。
見た目でわかりやすいのは、コンセプトモデルはアンテナなしのデザインだったんだけど製品化された時にはアンテナが付いてきちゃったりとか。
今見ると、画面の大きさも違うな・・・。

参考:info.bar(コンセプトモデル)とINFOBAR(製品版)



そういう意味では、今ってコンセプトモデルのデザインを損なうことなく、機能も妥協しないで製品化できるってことは、短期間にすごく技術力が向上したってことになるんだろうなぁ。


早速、「MEDIA SKINまとめサイト」を参考にメニューなどの画面周りをカスタマイズした。(シンプル/あっさり系に)


ちなみに「MEDIA SKIN」スペシャルカラー・エディションの投票結果を受けて、スペシャルカラー・エディションの発売は「PASTEL BLUE」に決まったみたい。

これからの季節感と女性受けが良さそうな感じ。
ちまたではパステルカラーのものが増えてるし。
でも7月にまでは待てなかったし、限定3,000台で当たらないと買えないし、「この色じゃないとイヤだ」って人か「今の機種でも困ってないけど当たったらラッキー」って人たち用だな(笑)。
日本ブランド。
2007年 05月 11日 (金) 19:04 | 編集
産経新聞のサイトで"「知はうごく」:日本ブランド"という知的財産についての特集が、おもしろい。

知的財産というと難しそうなんだけど、連載のタイトルを見ればわかるように、ファッション・ブランドやデザインといったものに対して書かれているんで、興味を持って読んでたり。

今、公開されてるタイトルだけ列記してみても、

中国ファッション、日本を猛追
北京で成功、国策ファッション振興
リアルクローズが国策を凌駕
新宿・上海で変わらぬ売れセン
「黒船作戦」でブランド確立
結局は「商品力」
トップデザイナーが語る「黒船作戦」
「ユーザー経験」という付加価値
auデザインプロジェクト
マツダ、世界に通用する「和」

・・・などなど。

興味がある人は、読んでみては?
Others | - | - |
Off Commercial 。
2007年 05月 09日 (水) 18:43 | 編集
LIVERARY.COMにて、中目黒にあるショップDIGAWELオフ・コマーシャルが公開されました。

http://www.liverary.com/off-cm/


オフ・コマーシャルという考え方も面白いし、出来上がった映像もとってもいいです。

詳しくは上記リンク先を。

是非、見てください。
Others | - | - |
新丸ビル。
2007年 05月 06日 (日) 00:01 | 編集
で、Ashes and Snowの後は、新丸ビルへ。



このGW中、最初の日曜日の29日には13万人が訪れたって新聞記事もあったくらいだから、覚悟はしてたんだけど、やっぱり人がめちゃくちゃ多かった。
それでも、ある店の人によると、この日はマシだったようで・・・。

とりあえず、ゆっくり見るのは次回ということにして、さっと各階を一通り・・・でも、なかなかいい店が入ってるなぁ・・・と思った。


たまたま、ある店で「森本美由紀」さんの原画が。






何も買うつもりはなかったんだけど、Sunspel(サンスペル)のシャツだけ・・・。



そしたら、ノベルティとして同じSunspelの長袖白無地Tシャツが貰えた(笑)。

あとは文房具フェチらしくステーショナリーの店でBicの4色ボールペンを。


帰りはそのまま路面店を見ながら、有楽町まで散歩。

GW中の有意義な休日。
でも実際は結構疲れて・・・というか、帰りは足の裏が痛かった(笑)。
Shop | - | - |
Ashes and Snow 。
2007年 05月 05日 (土) 23:19 | 編集
昨日、遅ればせながら、グレゴリー・コルベールのAshes and Snowをお台場に設置された移動美術館:ノマディック美術館で見てきた。



コンテナで形作られた美術館自体も興味あったんだけど、やっぱりグレゴリー・コルベールの写真と映像は圧巻だった。

こういうのは(人それぞれに感じ方が違うものだから)解説しない主義なので、とりあえず興味がある人は見に行ってくださいとしかいいようがないっす。





ちょいと値は張るんだけど「印刷及び製本はイタリアで。イタリア製の手漉き耳つき紙を使用した手綴じ本です。カバーは天然蜜蝋を引いたネパール製の手漉き紙を使用し、ハイビスカスの葉で染めた紐で結わえるようになっています。」っていう一つ一つが手作りらしい、限定10,000部の写真集を購入。
写真集のおまけとして(?)会場で流れていた映像作品と同じ内容のDVDとジャーナル・ノート、それにポスターが貰えた。





あと、フライング・エレファンツ財団ブレスレット・・・「ネパール製。ハイビスカスの葉で染めた紐にネパールのビーズを通したものです。売上げはすべて、フライング・エレファンツ財団に寄付されます。」っていうのを寄付がてら購入。


ちなみにGW中は、中学生以下は無料のようで・・・そういうのっていいよね。
身近に芸術作品に触れることができるって意味で。
Others | - | - |
3連休3日目。(BBQ)
2007年 05月 02日 (水) 08:14 | 編集
GW前半の最終日は、車で30分もあれば着く近場でBBQをしに。

今までこんな近くにこういう所があるとは知らなかったんだけど、駐車場からバーベキュー場までも近いし、整備も行き届いてるし、駐車場代以外に料金も取られないし。



ただ、昨日はめちゃくちゃ暑くて、今年最初の日焼けを・・・。


うちは残念ながら毎年GWはカレンダー通りなので、昨日~今日は通常通り仕事。
明日から後半の連休に。
Outdoor | - | - |
GW初日。
2007年 05月 01日 (火) 08:06 | 編集
今年のGW初日は、どこにも出かけず家でたこ焼きパーティー(?)をしました。



関西人の家には、ほぼ一家に一台、たこ焼き器があると言われていますが
、多分ほんとうです(笑)。
copyright (C) Don't Believe Anything I Say. all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。