restart : 2006.10.30
Don't Believe Anything I Say.
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CartierRoadsterのオーバーホール。
2006年 11月 01日 (水) 00:36 | 編集
先週末の大阪出張の時に腕時計をオーバーホールに出した。
買った店で保証付きの保険に入ってたから割引もしてもらえるし。

カルティエのロードスターっていうモデル。
参考:新作ウォッチ、ロードスターが華やかにデビュー カルティエの考える「男の時計」



今は手元にないので、画像は借り物・・・。

この年末でちょうど購入から3年。

機械式腕時計の場合、一般的には壊れていようがいまいが購入後3~5年で一度オーバーホールに出したほうが良いとされてる。
それなりの費用がかかるから、ほんとは5年くらい経ってからでもよかったかもしれないんだけど、ほぼ毎日使っていたからか若干時間も遅れ気味な感じだったので、手遅れになる前に出すことに。

もう一つ、今回はピカピカに磨いてもらって小キズをなくしてもらうっていうのも大きな理由のひとつ。
大きなキズはさすがにとれないんだけど、幸いそこまでのキズはなかったし、ベルトもすき間が汚れてたし。

で、キレイになって返ってきたら、こいつはタダの会社員(=オレ)にはちょっと贅沢品なんで、毎日の普段使いから休憩させてやろうと考え中。
ちょっとイイとこに出かける日とかデートの日とか用にしてあげようかと。

ほんとはそんなこと気にせずに、毎日使ってキズついても壊れちゃっても平気・・・って身分ならいいんだけどね。


ただ・・・オーバーホールって思ってたより時間がかかるみたい。
いろいろ調子を見たりもするんだろうけど、預けて見積もりが出るまでに2週間。
で、見積もりに納得して作業を進めてもらって、仕上がりが約2ヶ月後。


次にこいつを腕にはめれるのも、早くて年末になりそうだ。
スポンサーサイト
copyright (C) Don't Believe Anything I Say. all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。