restart : 2006.10.30
Don't Believe Anything I Say.
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みつばちトート。
2008年 03月 23日 (日) 22:30 | 編集
昨日、表参道へ出かけたついでに、自分用にトートバッグを買った。

みつばちトートの路面店「8studio」で。

普段、休日は基本・手ぶらで出かけるんだけど、家族で出かける時の荷物持ち用に。
(つまり、結果的にオレ用というより家族用で、荷物持ちがオレなだけ・・・。)

080323_1521~01

帰りに、表参道ヒルズの裏の新潟物産店みたいなところで、日本酒を買って帰った。

スポンサーサイト
Shop | - | - |
今年、最初の3連休。
2008年 01月 15日 (火) 15:24 | 編集
今年最初の3連休、中日の日曜に久しぶりに車で都内へ。

まずは、巣巣へ行って、サイトでチェックしていたものを(やっぱりネット経由ではなく実物を見て決めたかったので)。

Babouchとかカトラリーとかスツールとか・・・一貫性がないんだけど。
特にカトラリーは、娘の要望で。
こういうので、スープが食べたかったとのこと・・・生意気だ(笑)。

昼食はCICOUTE CAFEで、マフィンのセットを。
なぜか、娘だけデザート付き・・・(笑)。
最近、大人と変わらずよく食べるようになった。

で、相方お気に入りのmetoroへ。
まぁ、行くと大抵気に入ったものが見つかってしまうという・・・。


帰り道で、なぜかシトロエンが信号停止時に原因不明のエンジン停止×2回。
そのままディーラーへ寄って行って見てもらう・・・が、はっきりした原因は分からず。
でもエンジンが止まるのも困るので、「ここが原因じゃないかと思われる」という怪しいところを部品交換することに。
部品は在庫がないので注文後、後日交換することに。
予想外の出費、結構キツい。
Shop | - | - |
TSUBAKI HILLS ?
2007年 09月 11日 (火) 11:45 | 編集
久しぶりに、また表参道ヒルズから完全招待制パーティーの招待状が届いた。




9/18(火)に表参道ヒルズで、「完全招待制パーティー TSUBAKI HILLS」っていうのをやるらしい。

「協力」に資生堂が入ってるんで、資生堂のブランド「TSUBAKI」関連のプロモーションなんだろうな。

オープニングセレモニーにサプライズゲストが来るってことだから、TSUBAKIのCMに出てる女優/タレントさんが来たりすんのかな?

ちなみに、オープニングセレモニーは抽選制みたい。
http://www.omotesandohills.com/tsubaki/

まぁ、普通に申し込んで当たっても「ご観覧の際には、TSUBAKIHILLS招待状の封筒、およびご当選通知メールを印刷した紙をお持ちください。双方を照合して、入場時にご当選者確認をさせていただきます。」ってことだから、「招待状をもらった人」の中で更に抽選ってことなんだけど。


でも、女性向けのイベントみたいなんだけど、なんでオレのとこにまで招待状が来たんだろう・・・?(笑)
Shop | - | - |
新丸ビル。
2007年 05月 06日 (日) 00:01 | 編集
で、Ashes and Snowの後は、新丸ビルへ。



このGW中、最初の日曜日の29日には13万人が訪れたって新聞記事もあったくらいだから、覚悟はしてたんだけど、やっぱり人がめちゃくちゃ多かった。
それでも、ある店の人によると、この日はマシだったようで・・・。

とりあえず、ゆっくり見るのは次回ということにして、さっと各階を一通り・・・でも、なかなかいい店が入ってるなぁ・・・と思った。


たまたま、ある店で「森本美由紀」さんの原画が。






何も買うつもりはなかったんだけど、Sunspel(サンスペル)のシャツだけ・・・。



そしたら、ノベルティとして同じSunspelの長袖白無地Tシャツが貰えた(笑)。

あとは文房具フェチらしくステーショナリーの店でBicの4色ボールペンを。


帰りはそのまま路面店を見ながら、有楽町まで散歩。

GW中の有意義な休日。
でも実際は結構疲れて・・・というか、帰りは足の裏が痛かった(笑)。
Shop | - | - |
TRUCKING TRUCK 。
2007年 02月 19日 (月) 00:04 | 編集
TRUCK FURNITUREからメールが来た。
   ↓

========================================
TRUCK FURNITURE INFORMATION
18.FEB.2007
========================================

こんにちは。

いよいよ 2/20 (火) から 3/4 (日) まで

東京 恵比寿 「リムアート」にて「TRUCKING TRUCK」展開催。

4tトラックに2台分の家具、雑貨を満載。かなり充実の内容です。

新作のMK SOFAも登場します。



ぜひおこしください。
 
http://www.truck-furniture.co.jp/news/index.html


とのことなので、興味のある方は是非。

  

個人的には、3/3~4の週末に仕事が入る予定になっているので・・・行けないかも。

Shop | - | - |
OBJ east 。
2006年 12月 18日 (月) 00:07 | 編集
銀座にあるアイウエア・ショップ、オブジェ・イースト

いわゆる、メガネ屋さんなんだけど。
京都にある本店・オブジェの銀座店という位置づけ。

前にサングラスを買おうと思ってた時に、ここも候補にしてたから何度か行ったことあって。


実はここんトコ、ずっと目が疲れやすくて。
まぁ、仕事でずっとPCの画面を見てるからとか思ってたんだけど。

でも、新聞や通勤中の電車内の中吊り広告とか見る時に、なんかちょっとピントが合わないというか、見にくいなと思う時も。


でも、今までずっと視力は良かったし、30代になって多少視力が落ちたとは言え、今年の春の健康診断でも1.5をキープしてたし。
だから、「目も疲れてんのかなぁ~?」と思ってた。

それとも、まさか30代で老眼?
でも、目がいい人は早くから老眼になるとも聞くことあるし・・・。


で、ここ半年ぐらいずっとこんな調子だったので、思い切ってオブジェで目の検査をしてもらった。


結果は・・・、やっぱ老眼じゃなかった~~~!
良かった!


でも、・・・乱視だって(笑)。

字の輪郭や境目がズレて見えたりするんだって。
確かに、試しにかけさせてもらったレンズを通すと、はっきり見えるようになる。

ちなみに、乱視と老眼は全くの別物ってことなのでー(笑)。


で、やっぱり毎日かけていた方がいいということで、人生初のメガネを作ることにしました。

いろんなメガネの中から、店の人に似合うタイプのオススメを何点かあげてもらった中から、順にかけくらべ。


最終的に、「Theo(テオ)」っていうトコの細いフレームに黒とグリーンが入った横に細長いスクエアタイプのものを選んだ。

http://www.theojapan.jp/
公式サイトなんだけど、フラッシュだらけで見にくい(笑)。

http://www.eyewearmebius.com/recommend_brand/theo/
こっち(中段左側)に載ってる写真の方が買ったのにイメージが近いかな~。

スーツでもカジュアルでもOKな感じのデザインだけど無難っていうのとは違って、ちょっと自己主張のあるタイプ。

レンズができ上がるのは1週間くらい後ってことなので、でき上がったらまたブログにアップしてみます。
Shop | - | - |
一澤帆布の件。
2006年 12月 15日 (金) 00:02 | 編集
「(新)一澤帆布」が営業再開してから、二ヶ月。

「(旧)一澤帆布」を知ってる人の間では有名だった、去年から続くお家騒動。

今はどちらとも新しく営業再開してて、表面上は落ち着いた様子&今後の成り行きを見守るという状況なんだけど。

「どちらも」っていうのは・・・、知ってる人には今更だけど、自分なりにかいつまんで説明書いてみると・・・。

京都にあった「一澤帆布」という何代か続いたそれなりの老舗。

90年代ごろから、ここの帆布を使ったカジュアルなトートバッグなどが、「シンプルで素朴でオシャレ」ということで若者の間で人気に火が付いて、雑誌なんかでも紹介されて全国区に。

人気に火が付いたって言っても、そこは老舗、ちゃんと地に足着いた商売を真面目にしてて京都・同志社大学付属小学校の指定ランドセルは、ここの帆布製のランドセルだったり。

自分では手に入れる機会はなかったけど、京都・三条の方へ遊びに行った時なんかは、店に寄って「いいな~」とよく見ていた。

当時、実質的にリーダーを担ってたのは先代社長の三男さん。
長男さんは家業を継がずにサラリーマン(銀行だったかな?)に。

騒動になったのは、先代社長が亡くなった後のこと。

遺言状が2通出てきたりとか、裁判になったりとか紆余曲折の説明は他のサイトに譲るけど、裁判の結果、商標や店舗、工場、工場内の設備なんかは全て、長男さんのトコへ。

でも、実質的に一澤帆布を全国区に育て上げた三男さんのトコへは、当時工場で働いていた従業員さん全員だけでなく、帆布の生地を納めていた納入業者さん達、また上記の同志社大学付属小学校の指定ランドセルなど重要な顧客も全てついていった。

長男さんは商標や資産は手に入れることができたけど、本質的には何も手に入れられなかった格好になる。

長男さんは従業員を新たに募集し、帆布生地の新たな入手先も確保し、手に入れた「一澤帆布」を今年10月に入って再開した。

一方、三男さんは新たに「一澤信三郎帆布」を立ち上げ、一足先に今年の4月に「一澤帆布」の店舗の斜向かいに店舗を開店した。



名前は従来通りだけど中身が総入れ替えの「一澤帆布」と、名前は変わったけど実質的な従来の一澤帆布である「一澤信三郎帆布」。

今後の成り行きを自分なりに追っかけていくつもり。

参考:
一澤帆布
一澤信三郎帆布

その他の関連サイト
Wikipedia
法律は万能ではない。[一澤帆布お家騒動]
一澤帆布お家騒動 過去の経緯と今後の展開
一澤帆布社長信太郎、彼には語るべき兵などなかった
(他にも検索すれば、結構出てくると思う。)
Shop | - | - |
TRUCKの家具。
2006年 11月 13日 (月) 12:42 | 編集
大阪にある手作り家具の店、TRUCK FURNITURE

ここが出したカタログが本屋に商品として並び、既に5万部も売れているという、知る人は知る・・・でも知ってる人は知ってる、もちろん家具好きな人の中では超有名なお店。

大阪にいた時に、まだ店舗が1店しかなかった時にこの店の存在を知って、ここのシンプルでいてセンス溢れる家具たちの大ファンになった。

1点1点が手作りなので値段は少々張るから、なかなか気軽に買える訳でもないんだけど。

最初に買ったのが、大阪内で引越したのをきっかけに買った、フェイクレザーの白いソファーとアルミのサイドテーブル。

もちろん今も現役で使ってるけど、特にソファーは東京転勤になって単身赴任だった最初の半年間、引越荷物のダンボールで足の踏み場もない状況で簡易ベッドとして大活躍してくれて、愛着のあるヤツ。

今では、なんとな~くいい感じに色が褪せてきて、いい味が出てきてる・・・と思う。


もう一つの大きなヤツが、今のうちに引っ越してきた時に買った、タモ材のテーブル。
こいつは、今のリビングのサイズに合うように、サイズと脚の高さを調整して作ってもらったオーダー品。
って言っても、もともと手作りの店だし注文が入ってから作り始められるので、カタログの値段と変わんないんだけど。

これは、まだ日が浅いのでキレイなもんだけど、これから何年もかけて徐々に色が濃くなってつるつるになっていくのが、今から楽しみ。

まだ子供が小さいからこぼしたりが頻繁にあるから、透明のビニールかけてるけど、もう暫くしたら取っ払うつもり。


今はリビングで仲良くこんな感じに。



昨日、日曜の朝ご飯の時に撮影(笑)。


店が大阪にしかないから仕方ないけども、カタログで「いい家具だな~」って眺めるのもいいけど、出来れば実際に店に足を運んで実物を見て欲しいと思う。

別に買わなくても、手作り家具の良さ、オーナーのこだわり、古そうで新しい・・・そんな家具を見てるだけで十分楽しい。

今は帰省の時にしか行けないけど、自分も買えないから見てるだけだったり、時たま店に置いてる雑貨やショップロゴのシールだけを買って帰ったりすることがほとんどだし。


で、いつか一生モノの、自分と一緒に歳を取っていける家具を選ぶことができれば、高い買い物って訳でもなくなると思う。

自分の場合は、それがこのソファーとテーブルだった。


ま、そうは言っても他にも欲しい家具はあるんだけども・・・当分は買えそうもないなぁ。
Shop | - | - |
南青山~表参道。(文化の日・前編)
2006年 11月 06日 (月) 18:08 | 編集
文化の日、家族で青山~表参道へ。




南青山のMaison GALERIE VIEへ向かい、まずは2階のTerrace GALERIE VIEでランチ+1杯だけビール。




で、1階でウィンドウショッピング・・・見てるだけ~のはずが、いきなり散財・・・。
相方のニットとアウターを購入。

ま、似合ってたから、いっか。




そのまま、南青山近辺を散策。

有名なショップが軒を連ねていて、それぞれが個性的で建築物として見ていても面白い。
今更ながら・・・だけど、改めてネタになるかも?と携帯で撮影。

プラダ



カルティエ



毎回来るたびに思うけど面白い建物。
外国の(キレイな)女性が、趣味の良さそうな一眼レフで同じように建物を撮っていた。


で、引き返して表参道の方へ。

クレヨンハウスに寄って、娘の誕生日プレゼントを予約。

既に持っている独セレクタ社の木の人形のための「家」が欲しいとのことで、ドールハウスを予約・・・って、でかっ!高っ!
Shop | - | - |
京都散策。
2006年 10月 30日 (月) 17:18 | 編集
先週末、ちょうど大阪出張が入っていたので、そのまま実家に泊まって週末を過ごした。

で、土曜日、久しく行っていなかった京都まで。
四条烏丸の辺りから四条河原町までをどこに行くとも決めずに散策。
1~2年ほど行ってなかっただけなのに、どこに何があったのか結構忘れてしまってた。



京都でコーヒーと言えば、イノダコーヒー。
ここは、本店横の喫茶。


その後、そのまま四条から京阪で出町柳を経由して叡山電鉄で一乗寺まで、足をのばす。

目当ては、ここ。



恵文社っていう本屋さん。

京都という街が学生街だからなのか、それともたまたまこの本屋が変わってるだけなのか、美大生あたりが喜びそうな、アングラ系・エログロ系からマニアックな本まで、・・・。

個人的には超おすすめ。
時間の経つのも忘れて、立ち読み。

子供向けの絵本のうちで扱ってる種類にも、こだわりがあるような気がした。


この日は今更ながらだけど、使い方の本と一緒に置いてあった(もちろん売ってもいる)、トイカメラが気になった。

理想を言えば、トイカメラの画質や写りが携帯のカメラで再現できるなら、モブログには持ってこいなのにな~という感想。

トイカメラで面白く味のある写真が撮れたりなんかすると、ネットなんかで公開したい衝動にかられると思うんだけど、いかんせん紙焼きをスキャンしてデジタル・データにする手段がない。

でも、トイカメラは当分の間、気になってしまう予感・・・。
Shop | - | - |
copyright (C) Don't Believe Anything I Say. all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。